能への一歩 臥牛サロン 能『杜若』の物語

 

EVENTイベント

  • 講演・文化
  • 美術・芸術
  • その他

能への一歩 臥牛サロン 能『杜若』の物語

能への一歩 臥牛サロン 能『杜若』の物語
三間四方の本格的な富士宮「臥牛敷舞台」で、シテ方宝生流能楽師 田崎 甫が、一演目の物語を解説し、その謡・所作の見どころを演じます。


【演題】「杜若」(かきつばた)

・季節
 初夏
・場所
 三河国八橋(愛知県知立市)
・シテ
 里の女(杜若の精)
・ワキ
 旅の僧

・物語
旅の僧が三河国八橋にさしかかると、杜若が咲き乱れていた。僧が花を眺めていると、そこへ里の女が現れ、この地は在原業平が歌に詠んだ杜若の名所だと教える。
僧に一夜の宿を貸した女は、業平と二条后の形見の装束を身にまとい、自分は杜若の精であり、菩薩の化身である業平の歌に詠まれて救われたと明かす。女は、業平が杜若の歌に託した二条后への想いを語り、業平は女性たちを救いへ導く神仏の化身だと教え、舞の袖を翻す。そして自分は、和歌の功徳で草木の身ながら成仏が叶ったといい、夜明けの薄明かりの中へと消えた。
期間 2019年05月20日
時間 18:30~20:00
場所 臥牛敷舞台(富士宮市粟倉南町132)
参加費 座布団自由席 2,500 円 椅子指定席 +500 円
募集人数 定員30名 ※予約制
ドキュメント PDF

MAP開催場所

お問い合わせ ご予約・お問い合わせ◇TEL:0545-38-9939(タザキ)
関連サイト http://www.gurutto-fujinomiya.com/school/gagyushikibutai/
投稿者 『ぐるっと富士宮』編集部
編集 投稿管理PASS :
編集

PERIPHERAL INFORMATION周辺施設

このイベント開催地の周辺情報