富士宮の畳のことなら|立宿 望月畳店

 

Japanese Traditional 富士宮で三代続く畳屋

立宿 望月畳店

workお仕事紹介

2021.09.22

今日、昨日のお客様。佳築さんより、ご紹介頂いたお客様宅の六畳二間と、床の間の表替えをさせて頂きました。床の間がある和室が... [Facebook]

今日、昨日のお客様。

佳築さんより、ご紹介頂いたお客様宅の六畳二間と、床の間の表替えをさせて頂きました。

床の間がある和室が少なくなっていますが、日本の文化🇯🇵残したいですね。
今回の床の間は、龍鬢表と紋縁で作らせて頂きました。
今回の龍鬢表は、い草を手間をかけ天日干しにして織り上げます。飴色の畳が、床の間に飾ってある掛け軸や骨董品を引き立てます(๑>◡<๑)

佳築様、宮島のH様ありがとうございましたm(_ _)m
※本ニュースはrSSにより自動配信されています。
本文が上手く表示されなかったり途中で切れてしまう場合はリンク元を参照してください。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと富士宮は一切の責任を負いません
TEL:0544-26-3411
  • 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事